福岡市天神の歯医者「横田矯正歯科クリニック」の「外科矯正について」のページです。

矯正歯科治療に関するお問い合わせはこちらから

  • tel:0120-118-759
  • WEB予約はこちら

外科矯正について

外科矯正について

外科矯正とは?

一般的な矯正治療を行っても改善できない歯並びの場合、外科手術を伴う治療を行うことがあります。これを「外科矯正」といいます。外科矯正とは、顎の骨を外科手術によって切断し、位置を動かして歯並びや咬み合わせを整える治療です。

こちらでは、福岡市天神の歯医者「横田矯正歯科クリニック」が、外科矯正についてご紹介します。外科矯正については、お気軽に当院までご相談ください。

外科矯正でフェイスラインが美しく変化します

外科矯正では、顎の骨を大きく移動させて、歯並びや咬み合わせを正しく整えます。正しい位置に移動した歯や顎の骨のまわりには適度な筋肉がつき、その筋肉も正しく動くようになります。そこでフェイスラインが美しく変化するのです。

外科矯正は、通常の矯正治療では対応できないほど、顎の骨の位置が大きくずれている場合などに行います。機能的な改善はもちろんのこと、見た目にもよい変化が生まれるのです。

外科矯正のメリットとデメリット

メリット
  • 通常の矯正治療では改善できない難しい症例でも治療ができる
  • 大きな治療効果を期待できる
  • 治療期間を短縮できるケースがある
  • 保険が適用されるケースがある
デメリット
  • 全身麻酔を施したうえでの、本格的な外科手術が必要になる
  • 約2~3週間の入院が必要
  • 手術後に腫れや麻痺が出たり、鼻が変形したりすることがある(腫れのピークは3~5日。完全に引くのは約1ヶ月半~半年かかることも。)
  • 大学病院や専門的な歯科医院など、対応できる医院がかぎられている

外科矯正の流れ

  1. カウンセリング・診察

    はじめに、患者様の歯並び・咬み合わせについてのお悩みをくわしく伺ったうえで、お口の中の診察を行います。

  2. 精密検査

    外科矯正に必要となる、レントゲン撮影ほか精密検査を行います。

  3. 術前矯正治療

    外科手術を行う前に、一般的なワイヤーを用いた装置で歯並びをある程度整えておきます。

  4. 入院・手術

    入院していただき、全身麻酔にて外科手術を行います。入院期間は、約2~3週間です。

  5. 術後矯正治療

    再びワイヤーを用いた装置によって、歯並びをキレイに整えます。

  6. 保定

    歯並びの後戻りを防ぐために、保定装置を装着して歯並びが安定するまで期間をおきます。

  7. 治療終了・メンテナンス

    キレイになった歯並びを維持するには、治療後のメンテナンスが欠かせません。定期的に歯科医院で検診を受けましょう。

外科手術をしなくても、
フェイスラインを整えられることがあります
「キレイな歯並び・咬み合わせになりたいけど、手術を受けることに抵抗がある……」という方もいるでしょう。確かに、身体にメスを入れるのは大変なことです。「できれば外科手術をせずに歯並びを治したい」と思われるのではないでしょうか。
当院は矯正治療専門医院であり、矯正治療についての豊富な知識や実績を持っています。そこで、外科手術をせずにフェイスラインを整える治療をご提案することが可能です。他院で外科手術が必要だといわれたという方、手術にどうしても抵抗があるという方も、一度当院にご相談ください。よい方法を、一緒に考えていきましょう。

外科矯正の費用の目安

外科矯正では、保険が適用されるケースと、保険外になるケースがあります。
外科矯正における費用の目安は、以下のとおりです。

保険適用の場合
  • 約50~60万円
  • ※外科矯正治療費、術前・術後の矯正治療費、入院費等、すべてが含まれた金額の目安です。
  • 高額療養費制度が利用できます!
  • 以下の条件を満たす場合、高額療養費制度を利用することができます。
  • 条件1:1ヶ月のうちに同じ病院に支払った医療費が、80,100円を超える。
  • 条件2:国民健康保険または社会保険に加入している。
  • 条件3:治療を受けた本人が申請を行う。
  • これらの条件を満たす場合、80,100円を超える治療費が戻ってきます。外科矯正では、ほとんどの場合適用されますので、忘れずに申請することをおすすめします。
無題ドキュメント

Copyright © 横田矯正歯科クリニック. All Rights Reserved.