福岡市天神の歯医者「横田矯正歯科クリニック」の「治療後もキレイな歯並びを」のページです。

矯正歯科治療に関するお問い合わせはこちらから

  • tel:0120-118-759
  • WEB予約はこちら

治療後もキレイな歯並びを

治療後もキレイな歯並びを

矯正治療を受けて終わりではありません

矯正治療で歯を移動しても、そのままでは歯が元の位置に戻ろうとするのをご存じですか?
これを「後戻り」といい、矯正治療の後には歯を理想的な位置で安定させるための期間(保定期間)が必要になります。

こちらでは、福岡市天神の歯医者「横田矯正歯科クリニック」が、歯の後戻りのこと、また治療後にもキレイな歯並びを維持する方法についてご紹介します。矯正治療は、「受けて終わり」ではありません。受けた後も、しっかりメンテナンスを続けていきましょう。

歯の位置は、なぜ後戻りする?

矯正治療では装置を使って歯に力をかけ、理想的な位置に移動させていきます。しかし装置を外してしまえば、歯はかけられていた力から解放されて、元の位置に戻ろうとするのです。ほかにも、前歯を舌で押したり、ほおづえをついたりするなどの悪いクセがあれば、歯並びが再び乱れてしまうこともあるのです。

後戻りを防ぐために~保定期間について~

保定期間ではどんなことをするの?

保定期間の最終的な目的は、患者様のお口に合わせてつくった「リテーナー」という保定装置を、一定期間お口に装着して移動させた歯の位置を安定させることです。

※リテーナーには、取り外せるもの、固定式のもの、また目立ちにくいもの、保定力の高いものなど、さまざまな種類があります。患者様のご希望やお口の状態に合わせて適したものを選び、矯正治療の最後の仕上げに取り組みましょう。

保定期間はどれくらい必要?

保定期間は、通常、矯正治療で歯を移動させたのと同じくらいの期間(約2~3年)が必要になります。期間はかかりますが、歯をキレイな位置に長く維持するために欠かせない、重要な過程であることを理解しておきましょう。

メンテナンス方法紹介

矯正治療中と同じく、保定期間中にもきちんとお口のメンテナンスを継続していくことが大切です。ご自宅での正しい歯みがきに加え、歯科医院での専門的なメンテナンスを、定期的に受けるようにしましょう。

歯みがき指導

矯正装置を付けている期間と同じく、保定期間にも正しい歯みがきを続けることが大切です。固定式の保定装置であれば、とくに汚れが残りやすいため、装置の特徴をふまえた正しい歯みがきの方法を指導します。

PMTC

歯と歯、歯と歯ぐき、また装置との間などに残った汚れを、歯科医院で専門器具を使って徹底的に落とす「お口の専門的なクリーニング」です。歯並びが整い、キレイになったお口の健康を維持するために効果的です。

Copyright © 横田矯正歯科クリニック. All Rights Reserved.